2016年の選挙におけるロシアの干渉PDF文書のダウンロード

2018/10/22

2017/11/12

2018/10/22

2019/10/09 2018/02/13 2019/12/13 1 ブルガリア月報【2019年3月】 平成31年4月 在ブルガリア日本国大使館 概観 【二国間関係】 ・21-25日,訪日したザハリエヴァ副首相兼外相は第5回国際女性会議(WAW!)にスピー カーとして出席し,河野外相等との会談を行った。 【12月18日 AFP】2016年の米大統領選へのロシア干渉疑惑で、偽情報を拡散するロシアの組織が交流サイト(SNS)で特にアフリカ系米国人を失望させ 2017/11/27 ロシアは米大統領選挙でどのような情報工作を行ったのか? トランプ政権とソーシャルメディア(3)ロシアの情報工作 元海上自衛隊佐世保地方総監で、一般社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員を務める吉田正紀氏のワシントンでの活動における同志で、ロシアの若手研究家である

1 ブルガリア月報【2019年3月】 平成31年4月 在ブルガリア日本国大使館 概観 【二国間関係】 ・21-25日,訪日したザハリエヴァ副首相兼外相は第5回国際女性会議(WAW!)にスピー カーとして出席し,河野外相等との会談を行った。 【12月18日 AFP】2016年の米大統領選へのロシア干渉疑惑で、偽情報を拡散するロシアの組織が交流サイト(SNS)で特にアフリカ系米国人を失望させ 2017/11/27 ロシアは米大統領選挙でどのような情報工作を行ったのか? トランプ政権とソーシャルメディア(3)ロシアの情報工作 元海上自衛隊佐世保地方総監で、一般社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員を務める吉田正紀氏のワシントンでの活動における同志で、ロシアの若手研究家である 選挙介入の手法は、偽情報流布を始めとするディスインフォに限定されない。ロシアによる2016年米大統領選挙では、体系的な手法が確認された。(注2)米国に加え、欧州、台湾等を例に、いくつか特徴的な手法を列挙する。 におけるトランプ陣営とロシア政府関係者との接触、ロシア政府によるソーシャル・メディアを通じた 米国大統領選挙への干渉疑惑についても言及している。2017 年10 月30 日には、モラー特別検察官が、トランプ陣営のポール・マナフォート元

2018/12/18 2019/09/17 2018/10/22 2018/03/15 2017/10/27 2016年の同選挙では、ロシアの干渉や票集計システムの不具合が指摘された。今回の選挙でも、民主党の予備選挙にロシアが介入していると報道さ 2018/07/25

近年における世界情勢は、政治、経済、社会、全ての面で流動化しています。2017年に顕在化するであろう10のリスクを、以下の通り予測しました。前回に引き続き、一つずつ解説を行いたいと思います。

4. 政府におけるフェイク対策の動向と議論 • 2016年の大統領選挙にロシアが米国の有権者向けにフェイクニュースを拡散 するなどして干渉した疑惑が浮上し、捜査機関・情報機関により調査が行わ れてきた。本年3月、司法省のミュラー特別検察官が報告書を提出 … ロシアによる政治介入型のサイバー活動 ~2016年アメリカ大統領選挙介入の手法と意図~ 1.2020年大統領選挙と外国政府の干渉 2020年アメリカ大統領選挙は言うまでもなく世界中の関心事である。同時に、大統領選そのものに加えて、大統領選に対する外国政府の介入・干渉とその成否も関心を 第1章 ロシアの下院選挙と政党システム 第1節 下院選挙概観(第1回 一第4回) まず,簡 単に1993年 以降におけるロシアの下院選挙の結果を概観してお こう(表1)。1993年12月 に,新 憲法採択のための国民投票と同時におこな 2016年12月のプーチン大統領訪日の際,日露間における人的交流の拡大に向けた方策の一つとして,2018年に「ロシアにおける日本年」及び「日本におけるロシア年」を相互に開催することで一致し,開催に係る政府間覚書が署名されまし 論文 ロシアにおけるアソシエーション ――社会団体法を中心に―― 遠藤 克己 はじめに 近年関心が高まりつつあるアソシエーションについて、これに市民社会とのかかわりという視 角から接近する試みがなされつつある1。こうした市民社会概念の再登場の背景には、一つはソ連、 2016年12月のプーチン大統領訪日の際に,日露間における人的交流の拡大策の1つとして,「ロシアにおける日本年」及び「日本におけるロシア年」の開催に係る覚書(PDF) が署名され,開催が決定しました。 今般,「ロシアにおける


2019/09/17

Leave a Reply